FC2ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

相続税財産評価間違いやすい論点 貸家建付地の小規模宅地等


スライド1
スライド2

続きを読む

スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

【国税庁タックスアンサー】No.8006 災害を受けたときの相続税の取扱い 2-1 特定非常災害発生日後に取得した特定土地等 2-2 特定非常災害発生日後に取得した特定株式等

無題201908191533

特定非常災害発生日後に取得した



クリック数×1(プラスα)が500に達するごとに1,000円の募金をしたいと
思います。
ご協力よろしくお願いいたしますm(_ _)m

口永良部島への応援クリック


無題201908021021




2019年8月1日終了現在:284ポイント(568円相当)
1,000円寄附まで216ポイント



ご覧いただきありがとうございます^^
よろしければコメントいただければ幸いです。
fc2ブログランキングに参加しております。
↓をクリックいただければ幸甚です^^


er="0" alt="にほんブログ村 動画紹介ブログへ" />

にほんブログ村









募金の実績です^^
H26.10月  赤い羽根 300円
H27.3月  バヌアツサイクロン被害 500円
H27.5月  ネパール地震災害    1500円
H27.6月  口永良部島火山被害   100円
H27.9月 ALS基金 500円
H27.10月 UNHCR 1,000円
H27.10月 東日本豪雨災害 500円
H27.10月 赤い羽根 500円
H27.11月 国連WFP 100円
H28.3月 台湾南部地震 600円
H28.3月 東日本大震災 550円
H28.4月 熊本大地震 600円
H28.8月 子供の未来応援基金 2,000円
H28.11月 鳥取中部地震 522円
H29.8月 九州北部豪雨 1,000円
H29.12月 子供の未来応援基金 1,000円
H30.3月 台湾東部地震 600円
H30.6月 大阪府北部地震 500円
H30.7月 西日本豪雨災害 600円
現在計:12,972円

このエントリーをはてなブックマークに追加

【国税庁タックスアンサー】No.8006 災害を受けたときの相続税の取扱い 1-2 特定非常災害発生日前に取得した特定株式等

無題201908091119

特定非常災害発生日前に取得した




クリック数×1(プラスα)が500に達するごとに1,000円の募金をしたいと
思います。
ご協力よろしくお願いいたしますm(_ _)m

口永良部島への応援クリック


無題201908021021




2019年8月1日終了現在:284ポイント(568円相当)
1,000円寄附まで216ポイント



ご覧いただきありがとうございます^^
よろしければコメントいただければ幸いです。
fc2ブログランキングに参加しております。
↓をクリックいただければ幸甚です^^


er="0" alt="にほんブログ村 動画紹介ブログへ" />

にほんブログ村









募金の実績です^^
H26.10月  赤い羽根 300円
H27.3月  バヌアツサイクロン被害 500円
H27.5月  ネパール地震災害    1500円
H27.6月  口永良部島火山被害   100円
H27.9月 ALS基金 500円
H27.10月 UNHCR 1,000円
H27.10月 東日本豪雨災害 500円
H27.10月 赤い羽根 500円
H27.11月 国連WFP 100円
H28.3月 台湾南部地震 600円
H28.3月 東日本大震災 550円
H28.4月 熊本大地震 600円
H28.8月 子供の未来応援基金 2,000円
H28.11月 鳥取中部地震 522円
H29.8月 九州北部豪雨 1,000円
H29.12月 子供の未来応援基金 1,000円
H30.3月 台湾東部地震 600円
H30.6月 大阪府北部地震 500円
H30.7月 西日本豪雨災害 600円
現在計:12,972円

このエントリーをはてなブックマークに追加

租税特別措置法第70条の2の2(直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税) エクセルファイル

第1項
第2項
第3~6項
第7~9項
第10項
第11~15項
第16~23項
1 平成二十五年四月一日から平成三十三年三月三十一日までの間に、個人※1が、その直系尊属と信託会社※2との間の教育資金管理契約に基づき信託の受益権※3を取得した場合、その直系尊属からの書面による贈与により取得した金銭を教育資金管理契約に基づき銀行等※4の営業所、事務所その他これらに準ずるものでこの法律の施行地にあるもの※5において預金若しくは貯金として預入をした場合又は教育資金管理契約に基づきその直系尊属からの書面による贈与により取得した金銭若しくはこれに類するものとして政令で定めるもの※6で金融商品取引法第二条第九項に規定する金融商品取引業者※7の営業所等において有価証券を購入した場合には、当該信託受益権、金銭又は金銭等の価額のうち千五百万円までの金額※8に相当する部分の価額については、贈与税の課税価格に算入しない。ただし、当該個人の当該信託受益権、金銭又は金銭等を取得した日の属する年の前年分の所得税に係る所得税法第二条第一項第三十号の合計所得金額が千万円を超える場合は、この限りでない。
※1 教育資金管理契約を締結する日において三十歳未満の者に限る。
※2 信託業法第三条又は第五十三条第一項の免許を受けたものに限るものとし、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律により同法第一条第一項に規定する信託業務を営む同項に規定する金融機関を含む。次項及び第十項において「受託者」という。
※3 以下この条において「信託受益権」という。
※4 銀行その他の預金又は貯金の受入れを行う金融機関として政令で定める金融機関をいう。次項、第四項及び第十項において同じ。
※5 第七項を除き、以下この条において「営業所等」という。
※6 以下この条において「金銭等」という。
※7 同法第二十八条第一項に規定する第一種金融商品取引業を行う者に限る。次項、第四項及び第十項において同じ。
※8 既にこの項の規定の適用を受けて贈与税の課税価格に算入しなかつた金額がある場合には、当該算入しなかつた金額を控除した残額
2 この条において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
一 教育資金…次に掲げる金銭をいう。
イ 学校教育法第一条に規定する学校、同法第百二十四条に規定する専修学校、同法第百三十四条第一項に規定する各種学校その他これらに類する施設として政令で定めるものを設置する者※1に直接支払われる入学金、授業料その他の金銭で政令で定めるもの
※1 ロ並びに第十一項及び第十二項において「学校等」という。
ロ 学校等以外の者に、教育に関する役務の提供の対価として直接支払われる金銭その他の教育を受けるために直接支払われる金銭で政令で定めるもの
二 教育資金管理契約…個人※1の教育に必要な教育資金を管理することを目的とする契約であつて次に掲げるものをいう。
※1 以下この条において「受贈者」という。
イ 当該受贈者の直系尊属と受託者との間の信託に関する契約で次に掲げる事項が定められているもの
(1) 信託の主たる目的は、教育資金の管理とされていること。
(2) 受託者がその信託財産として受け入れる資産は、金銭等に限られるものであること。
(3) 当該受贈者を信託の利益の全部についての受益者とするものであること。
(4) その他政令で定める事項
ロ 当該受贈者と銀行等との間の普通預金その他の財務省令で定める預金又は貯金に係る契約で次に掲げる事項が定められているもの
(1) 教育資金の支払に充てるために預金又は貯金を払い出した場合には、当該受贈者は銀行等に第七項に規定する領収書等の提出又は提供をすること。
その他政令で定める事項
ハ 当該受贈者と金融商品取引業者との間の有価証券の保管の委託に係る契約で次に掲げる事項が定められているもの
(1) 教育資金の支払に充てるために有価証券の譲渡、償還その他の事由により金銭の交付を受けた場合には、当該受贈者は金融商品取引業者に第七項に規定する領収書等の提出又は提供をすること。
(2) その他政令で定める事項
三 教育資金非課税申告書…前項本文の規定の適用を受けようとする旨、受贈者の氏名及び住所又は居所その他財務省令で定める事項を記載した申告書をいう。
四 非課税拠出額…教育資金非課税申告書又は第四項本文に規定する追加教育資金非課税申告書に前項本文の規定の適用を受けるものとして記載された金額を合計した金額をいう。
五 教育資金支出額…第八項の規定により取扱金融機関※1の営業所等において教育資金の支払の事実が確認され、かつ、記録された金額を合計した金額をいう。
※1 受贈者の直系尊属と教育資金管理契約を締結した受託者又は受贈者と教育資金管理契約を締結した銀行等若しくは金融商品取引業者をいう。第七項を除き、以下この条において同じ。
3 第一項本文の規定は、同項本文の規定の適用を受けようとする受贈者が教育資金非課税申告書を当該教育資金非課税申告書に記載した取扱金融機関の営業所等を経由し、信託がされる日、預金若しくは貯金の預入をする日又は有価証券を購入する日までに、当該受贈者の納税地の所轄税務署長に提出した場合に限り、適用する。
4 受贈者が既に教育資金非課税申告書を提出している場合※1において、当該教育資金非課税申告書に係る教育資金管理契約に基づき、当該受贈者が新たにその直系尊属の行為により信託受益権を取得したとき、その直系尊属からの書面による贈与により取得した金銭を銀行等の営業所等において預金若しくは貯金として預入をしたとき、又はその直系尊属からの書面による贈与により取得した金銭等で金融商品取引業者の営業所等において有価証券を購入したときは、当該受贈者は、当該信託受益権、金銭又は金銭等の価額について第一項本文の規定の適用を受けようとする旨その他財務省令で定める事項を記載した申告書※2を当該教育資金非課税申告書を提出した取扱金融機関の営業所等を経由し、新たに信託がされる日、預金若しくは貯金の預入をする日又は有価証券を購入する日までに、当該受贈者の納税地の所轄税務署長に提出した場合に限り、第一項本文の規定の適用を受けることができる。ただし、当該受贈者の当該信託受益権、金銭又は金銭等を取得した日の属する年の前年分の所得税に係る所得税法第二条第一項第三十号の合計所得金額が千万円を超える場合は、この限りでない。
※1 当該教育資金非課税申告書に記載された金額が千五百万円に満たない場合に限る。
※2 次項及び第六項において「追加教育資金非課税申告書」という。
5 前二項の場合において、第三項の教育資金非課税申告書又は前項の追加教育資金非課税申告書がこれらの規定に規定する取扱金融機関の営業所等に受理されたときは、これらの申告書は、その受理された日にこれらの規定に規定する税務署長に提出されたものとみなす。
6 教育資金非課税申告書は、受贈者が既に教育資金非課税申告書を提出している場合※1には提出することができないものとし、教育資金非課税申告書に第一項本文の規定の適用を受けるものとして記載された金額が千五百万円を超えるものである場合又は追加教育資金非課税申告書に係る教育資金管理契約について既に受理された教育資金非課税申告書及び追加教育資金非課税申告書に同項本文の規定の適用を受けるものとして記載された金額を合計した金額が千五百万円を超えるものである場合には、取扱金融機関の営業所等は、これらの申告書を受理することができない。
※1 既に提出した教育資金非課税申告書に係る教育資金管理契約が第十二項第五号に掲げる事由に該当したことにより終了している場合を除く。
7 第一項本文の規定の適用を受ける受贈者は、政令で定めるところにより選択した次の各号に掲げる場合の区分に応じ当該各号に定める日までに、教育資金の支払に充てた金銭に係る領収書その他の書類※1でその支払の事実を証するもの※2を第二項第五号に規定する取扱金融機関の第一項本文に規定する営業所等に提出又は提供をしなければならない。
※1 電磁的記録(※1-1)を含む。以下この項において同じ。
※1-1 電子的方式、磁気的方式その他の人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。第十九項において同じ。
※2 相続税法第二十一条の三第一項第二号の規定の適用を受けた贈与により取得した財産が充てられた教育費に係るもの及び次条第二項第一号に規定する結婚・子育て資金の支払に充てた金銭に係る同条第七項に規定する領収書等であつて同項の規定により同条第二項第五号に規定する取扱金融機関の同条第一項本文に規定する営業所等に提出したものを除き、その支払が少額の支払として財務省令で定める金額以下のものである場合における当該支払の事実の記載又は記録をした書類として財務省令で定める書類を含む。以下この条において「領収書等」という。
一 教育資金の支払に充てた金銭に相当する額を払い出す方法により専ら払出しを受ける場合…当該領収書等に記載又は記録がされた支払年月日から一年を経過する日
二 前号に掲げる場合以外の場合…当該領収書等に記載又は記録がされた支払年月日の属する年の翌年三月十五日
8 取扱金融機関の営業所等は、前項の規定により受贈者から提出又は提供を受けた領収書等により払い出した金銭が教育資金の支払に充てられたことを確認し、当該領収書等に記載又は記録がされた支払の金額及び年月日について記録をし、かつ、当該領収書等を受領した日から当該受贈者に係る教育資金管理契約が終了した日の属する年の翌年三月十五日後六年を経過する日までの間、財務省令で定める方法により当該領収書等及び当該記録※1を保存しなければならない。
※1 第十項第三号の規定による記録を含む。
9 第七項第二号に掲げる場合において、その年中に払い出した金銭の合計額がその年中に教育資金の支払に充てたものとして提出又は提供を受けた領収書等※1により教育資金の支払に充てたことを確認した金額の合計額を下回るときは、前項の規定により取扱金融機関の営業所等が記録する金額は、当該払い出した金銭の合計額を限度とする。
※1 当該領収書等に記載又は記録がされた支払年月日その他の記録によりその年中に教育資金の支払に充てられたことを確認できるものに限る。
10 贈与者※1が第一項本文の規定の適用に係る教育資金管理契約に基づき信託をした日、同項本文の規定の適用に係る教育資金管理契約に基づき預金若しくは貯金をするための金銭の書面による贈与をした日又は同項本文の規定の適用に係る教育資金管理契約に基づき有価証券の購入をするための金銭等の書面による贈与をした日からこれらの教育資金管理契約の終了の日までの間に当該贈与者が死亡した場合※2には、次に定めるところによる
※1 受託者との間の教育資金管理契約に基づき受贈者を受益者とする信託をした当該受贈者の直系尊属、受贈者に対し教育資金管理契約に基づき預金若しくは貯金の預入をするための金銭の書面による贈与をした当該受贈者の直系尊属又は受贈者に対し教育資金管理契約に基づき有価証券の購入をするための金銭等の書面による贈与をした当該受贈者の直系尊属をいう。以下この項、次項及び第十六項第三号において同じ。
※2 当該贈与者の死亡前三年以内に当該受贈者が当該贈与者の行為により信託受益権を取得した場合、当該贈与者からの書面による贈与により取得した金銭を銀行等の営業所等において預金若しくは貯金として預入をした場合又は当該贈与者からの書面による贈与により取得した金銭等で金融商品取引業者の営業所等において有価証券を購入した場合において、当該受贈者が当該信託受益権、金銭又は金銭等の価額について同項本文の規定の適用を受けたときに限る。
一 当該贈与者に係る受贈者は、当該贈与者が死亡した事実を知つた場合には、速やかに、当該贈与者が死亡した旨を取扱金融機関の営業所等に届け出なければならない。
二 当該贈与者に係る受贈者については、当該贈与者が死亡した日における非課税拠出額から教育資金支出額※1を控除した残額として政令で定める金額※2を当該贈与者から相続※3により取得したものとみなして、相続税法その他相続税に関する法令の規定を適用する。
※1 第十七項の規定による訂正があつた場合には、その訂正後のものとし、第二項第一号ロに掲げる教育資金については、五百万円を限度とする。第十三項及び第十四項において同じ。
※2 以下この項及び第十三項において「管理残額」という。
※3 当該受贈者が当該贈与者の相続人以外の者である場合には、遺贈。次号及び第四号並びに同項において同じ。
三 取扱金融機関の営業所等は、前号の規定により相続により取得したものとみなされた管理残額及び当該贈与者が死亡した日を記録しなければならない。
四 第二号の規定により管理残額を相続により取得したものとみなされる場合における相続税法第十八条の規定の適用については、同条第一項中「相続税額」とあるのは、「相続税額(租税特別措置法第七十条の二の二第十項第二号(直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税)の規定の適用がある場合には、同号に規定する管理残額に対応する相続税額として政令で定めるところにより計算した金額を控除した相続税額)」とする。
五 当該贈与者から相続又は遺贈により管理残額以外の財産を取得しなかつた受贈者に係る相続税法第十九条の規定の適用については、同条第一項中「遺贈」とあるのは、「遺贈(租税特別措置法第七十条の二の二第十項第二号(直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税)の規定により相続又は遺贈により取得したものとみなされる場合を除く。)」とする。
11 前項※1の規定は、同項の贈与者の死亡の日において受贈者が次に掲げる場合に該当する場合※2 には、適用しない。
※1 第一号に係る部分を除く。
※2 第二号又は第三号に掲げる場合に該当する場合にあつては、当該受贈者がその旨を明らかにする書類を同項第一号の規定による届出と併せて提出した場合に限る。
一 二十三歳未満である場合
二  学校等に在学している場合
三 教育訓練※1を受けている場合
※1 雇用保険法第六十条の二第一項に規定する教育訓練をいう。次項において同じ。
12 教育資金管理契約は、次の各号に掲げる事由の区分に応じ当該各号に定める日のいずれか早い日に終了するものとする。
一 受贈者が三十歳に達したこと…当該受贈者が三十歳に達した日
二 受贈者が死亡したこと…該受贈者が死亡した日
三 "教育資金管理契約に係る信託財産の価額が零となつた場合、教育資金管理契約に係る預金若しくは貯金の額が零となつた場合又は教育資金管理契約に基づき保管されている有価証券の価額が零となつた場合において受贈者と取扱金融機関との間でこれらの教育資金管理契約を終了させる合意があつたこと
…当該教育資金管理契約が当該合意に基づき終了する日"
13 前項第一号又は第三号に掲げる事由に該当したことにより教育資金管理契約が終了した場合において、当該教育資金管理契約に係る非課税拠出額から教育資金支出額※1を控除した残額があるときは、当該残額については、当該教育資金管理契約に係る受贈者の前項第一号又は第三号に定める日の属する年の贈与税の課税価格に算入する。
※1 第十項第二号の規定により相続により取得したものとみなされた管理残額を含む。次項において同じ。
14 第十二項第四号に掲げる事由に該当したことにより教育資金管理契約が終了した場合には、当該教育資金管理契約に係る非課税拠出額から教育資金支出額を控除した残額については、贈与税の課税価格に算入しない。
15 取扱金融機関の営業所等の長は、教育資金管理契約が終了した場合には、当該教育資金管理契約に係る受贈者の氏名及び住所又は居所その他の財務省令で定める事項を記載した調書※1を当該教育資金管理契約が終了した日※2の属する月の翌々月末日までに当該受贈者の納税地の所轄税務署長に提出しなければならない。
※1 第十九項及び第二十項において「教育資金管理契約の終了に関する調書」という。
※2 当該教育資金管理契約が第十二項第四号に掲げる事由に該当したことにより終了した場合には、取扱金融機関の営業所等の長が当該事由を知つた日
16 税務署長は、次に掲げる事実を知つた場合には、取扱金融機関の営業所等の長にその旨その他の財務省令で定める事項を通知するものとする。
一 受贈者が教育資金の支払に充てるために取扱金融機関の営業所等から払い出した金銭が教育資金の支払に充てられていないこと。
二 当該受贈者に係る教育資金非課税申告書が二以上の取扱金融機関の営業所等に提出されていること又は当該受贈者に係る非課税拠出額が千五百万円を超えること。
三 受贈者が贈与者から第一項本文の規定の適用に係る信託受益権、金銭又は金銭等を取得した日の属する年の前年分の当該受贈者の所得税に係る所得税法第二条第一項第三十号の合計所得金額が千万円を超えること。
17 取扱金融機関の営業所等の長は、前項の規定による税務署長からの通知※1を受けたときは、当該通知に基づき第八項の記録を訂正しなければならない。
※1 同項第一号に掲げる事実に係るものに限る。
18 第三項から第九項まで、第十二項及び前三項に定めるもののほか、第一項、第十項、第十一項、第十三項及び第十四項の規定の適用に関し必要な事項は、政令で定める。
19 国税庁、国税局又は税務署の当該職員は、教育資金管理契約の終了に関する調書の提出に関する調査について必要があるときは、当該教育資金管理契約の終了に関する調書を提出する義務がある者に質問し、その者の教育資金管理契約に関する帳簿書類※1その他の物件を検査し、又は当該物件※2の提示若しくは提出を求めることができる。
※1 その作成又は保存に代えて電磁的記録の作成又は保存がされている場合における当該電磁的記録を含む。次条第十八項及び第七十条の十三第四項第三号において同じ。
※2 その写しを含む。
20 国税庁、国税局又は税務署の当該職員は、教育資金管理契約の終了に関する調書の提出に関する調査について必要があるときは、当該調査において提出された物件を留め置くことができる。
21 国税庁、国税局又は税務署の当該職員は、第十九項の規定による質問、検査又は提示若しくは提出の要求をする場合には、その身分を示す証明書を携帯し、関係人の請求があつたときは、これを提示しなければならない。
22 第十九項及び第二十項の規定による当該職員の権限は、犯罪捜査のために認められたものと解してはならない。
23 前項に定めるもののほか、第二十項の規定の適用に関し必要な事項は、政令で定める。



クリック数×1(プラスα)が500に達するごとに1,000円の募金をしたいと
思います。
ご協力よろしくお願いいたしますm(_ _)m

口永良部島への応援クリック


無題201907121427


2019年7月7日終了現在:284ポイント(568円相当)
1,000円寄附まで216ポイント



ご覧いただきありがとうございます^^
よろしければコメントいただければ幸いです。
fc2ブログランキングに参加しております。
↓をクリックいただければ幸甚です^^


er="0" alt="にほんブログ村 動画紹介ブログへ" />

にほんブログ村









募金の実績です^^
H26.10月  赤い羽根 300円
H27.3月  バヌアツサイクロン被害 500円
H27.5月  ネパール地震災害    1500円
H27.6月  口永良部島火山被害   100円
H27.9月 ALS基金 500円
H27.10月 UNHCR 1,000円
H27.10月 東日本豪雨災害 500円
H27.10月 赤い羽根 500円
H27.11月 国連WFP 100円
H28.3月 台湾南部地震 600円
H28.3月 東日本大震災 550円
H28.4月 熊本大地震 600円
H28.8月 子供の未来応援基金 2,000円
H28.11月 鳥取中部地震 522円
H29.8月 九州北部豪雨 1,000円
H29.12月 子供の未来応援基金 1,000円
H30.3月 台湾東部地震 600円
H30.6月 大阪府北部地震 500円
H30.7月 西日本豪雨災害 600円
現在計:12,972円

このエントリーをはてなブックマークに追加

【相続税法】税額計算の条文を数字を当てはめて解釈(第2回:第18条相続税額の加算)

こんにちは
相続税法の規定で「税額計算」の部分が条文だと何かとややこしいので、数字を実際に当てはめてやってみます。

前回は、単純に各人の税額の計算をしました。
今回からその後の税額計算を条文の条件を当てはめていきたいと思います。

今日取り上げる条文はこちら☟

(相続税額の加算)
第十八条 相続又は遺贈により財産を取得した者が当該相続又は遺贈に係る被相続人の一親等の血族※1及び配偶者以外の者である場合においては、その者に係る相続税額は、前条の規定にかかわらず、同条の規定により算出した金額にその百分の二十に相当する金額を加算した金額とする。
※1 当該被相続人の直系卑属が相続開始以前に死亡し、又は相続権を失つたため、代襲して相続人となつた当該被相続人の直系卑属を含む。
2 前項の一親等の血族には、同項の被相続人の直系卑属が当該被相続人の養子となつている場合を含まないものとする。ただし、当該被相続人の直系卑属が相続開始以前に死亡し、又は相続権を失つたため、代襲して相続人となつている場合は、この限りでない。



(前回の前提)
場面設定
これを今回は、

「結婚前から生命保険をかけていて結婚後受取人の変更をするのを忘れていた!!」
「受取人は弟だった!!」
「保険金額は3000万円」


という設定を追加します^^

場面設定 [自動保存済み]

この場合、生命保険金は遺贈により弟が取得したとされます。
なので、相続財産が増えます。
ところで、通常生命保険金には非課税枠があるのですが、それは「相続人」が受け取った「保険金」でありますので、「弟さん」の受け取った保険金には非課税枠はありません。
つまり3000万円まるまる課税価格に算入されます。

それでは、この前提で、まず、相続税の総額を計算します。

①課税価格の総額:10億円+3000万円=10億3000万
②遺産に係る基礎控除:3000万円+600万×3人(弟は含まれません)=4800万円
③ ①-②=9億8200万円
④ 法定相続分で分けると
   お母さん:4億9100万円
   お兄ちゃん、妹:2億4550万円ずつ
⑤それぞれの相続税額
  お母さん:2億350万円
  お兄ちゃん、妹:8347万5千円ずつ
  
  


合計:3億7045万円


前回
の計算では「3億5620万円」でしたので、3000万円の保険金で相続税の総額が1425万円も増えてしまいました!!

これを各相続割合で分けます(ここで弟登場!!)
各人の算出相続税額は

母:3億7045万×5億/10億3000万=1億7984万97円
お兄ちゃん、妹:3億7045万×2億5000万/10億3000万=8991万5,048円
弟:3億7045万×3000万/10億3000万=1078万9805円


となります。

そして、今回はこれに最初に掲げた規定を適用してみます(適用しないといけないんだけど^^;;;)
もう一度条文を

(相続税額の加算)
第十八条 相続又は遺贈により財産を取得した者が当該相続又は遺贈に係る被相続人の一親等の血族※1及び配偶者以外の者である場合においては、その者に係る相続税額は、前条の規定にかかわらず、同条の規定により算出した金額にその百分の二十に相当する金額を加算した金額とする。
※1 当該被相続人の直系卑属が相続開始以前に死亡し、又は相続権を失つたため、代襲して相続人となつた当該被相続人の直系卑属を含む。
2 前項の一親等の血族には、同項の被相続人の直系卑属が当該被相続人の養子となつている場合を含まないものとする。ただし、当該被相続人の直系卑属が相続開始以前に死亡し、又は相続権を失つたため、代襲して相続人となつている場合は、この限りでない。



弟は「一親等」ではなく「二親等」ですので、上記の一親等血族に該当しません。
m032001.gif
ということで弟さんの算出相続税額にその20/100を加算します。

1078万9805円+1078万9805円×20/100=
12,947,766円


となります。

最終的な税額はそれぞれ100円未満切捨てで

母:1億7984万円
お兄ちゃん、妹:それぞれ8991万5千円
弟:12,947,700円
合計:3億7261万7,700円




となります。






クリック数×1(プラスα)が500に達するごとに1,000円の募金をしたいと
思います。
ご協力よろしくお願いいたしますm(_ _)m

口永良部島への応援クリック

無題201906031004




2019年6月2日終了現在:284ポイント(568円相当)
1,000円寄附まで216ポイント



ご覧いただきありがとうございます^^
よろしければコメントいただければ幸いです。
fc2ブログランキングに参加しております。
↓をクリックいただければ幸甚です^^


er="0" alt="にほんブログ村 動画紹介ブログへ" />

にほんブログ村









募金の実績です^^
H26.10月  赤い羽根 300円
H27.3月  バヌアツサイクロン被害 500円
H27.5月  ネパール地震災害    1500円
H27.6月  口永良部島火山被害   100円
H27.9月 ALS基金 500円
H27.10月 UNHCR 1,000円
H27.10月 東日本豪雨災害 500円
H27.10月 赤い羽根 500円
H27.11月 国連WFP 100円
H28.3月 台湾南部地震 600円
H28.3月 東日本大震災 550円
H28.4月 熊本大地震 600円
H28.8月 子供の未来応援基金 2,000円
H28.11月 鳥取中部地震 522円
H29.8月 九州北部豪雨 1,000円
H29.12月 子供の未来応援基金 1,000円
H30.3月 台湾東部地震 600円
H30.6月 大阪府北部地震 500円
H30.7月 西日本豪雨災害 600円
現在計:12,972円

クリックポイントにより子供の未来応援基金に寄附します
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
プロフィール

panchan1

Author:panchan1
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR